位置:索引 /茶の香りについて
關於茶香
茶香花園という民宿は、嘉義県第077号の合法的な民宿です。

阿里山民宿――"茶香花園"は南ヨロッパの風情が漂う民宿です

阿里山の"茶香花園"は南ヨロッパの風情が漂う民宿です 【茶香花園】は 阿里山国家風景区の中に位置しており、ちょうど阿里山森林遊楽区の【台湾18】号の公路(阿里山公路)58.1キ ロ辺りのところで、近くには奮起湖や、森林園区、大凍山。。などの
風景区があって、貴方様、週末と休暇を企画するに最適な場所です!

茶香花園】は、海抜約1300メートルの高い山に位置されており、民宿前の庭園では、1座の景色を観覧できる展望台が設けられており、庭園から【象山】を一目で遠くまでに綿々とした山巒を眺望し渡ることが出来、時間と気候の変化に伴って、山中の多彩多様の景色を観賞し、或いは、晴れ渡っている青空や、あるいは雲海の変形自在、あるいは、夕日が西へ沈む時の雲の霞が夕空に棚引く絶景など。。。。貴方様は、民宿の庭園にあるコーヒコーナーで、芳醇たるコーヒを味わいながら、これらの変幻莫測の雲海の景観を観賞することが出来ます。

茶香花園~オーナーの話

 峰の頂上にある茶香花園の民宿を仰望出来ます。  民宿は、私の幼い時のパラダイスであり、それと同時に私の子供時代の様様な思い出も記録されており、但し、外地へ勉強と仕事に行ったこととともに、恰もこの土地とは、ますます離れて行くようなことを気がしたのだが、以前には、私がまだ、ここに戻って民宿を経営していなかった時に、私のお爺さんとお婆さんは、ずっとここに住んでおり、いつから始まったこともはっきり判らず、民宿では、次第に旅客が泊まりに来るようになって来ていた。ある旧暦の新年には、この小さいの民宿にも二、三十余りの人が窮屈に泊まっており、なおかつ私のお爺さんとお婆さんが民宿の管理を担当しており、そのために私は心から非常にお爺さんとお婆さんに対して敬服しております。但し、その後、お爺さんがなくなった後に、お婆さんも、痴呆症のために療養院に入ったのです。民宿は、それによって、管理する人がいなくなった。2007年の四月に私は台北の仕事を辞めて、故郷に戻って民宿を経営することに決意した。私がこのような決定をする理由は、この地方が好きになっているほかに、やっばり、この民宿がまた継続的に経営されることができるように希望していたからです。もう1つの理由は、この地方の良さを各地からここに来た友達と分かち合いたがっていたので、未来には、数多くの計画もあって、実現できるように皆様からのご支持とご励ましをお願い申し上げたいと思っております。

台湾旅游,台湾旅游网エルメス バッグ,エルメス 財布,ルイヴィトン バッグ,ブランド 通販,アグ ブーツ,クリスチャンルブタン